メインメニューを開く

一柳 頼邦(ひとつやなぎ よりくに)は、江戸時代中期の大名伊予小松藩の第4代藩主。

 
一柳 頼邦
時代 江戸時代中期
生誕 元禄8年12月8日1696年1月12日
死没 延享元年7月8日1744年8月15日
改名 治達(初名)[1]
別名 新蔵、内蔵助[1]
戒名 甘節軒殿(法号)
墓所 愛媛県西条市の仏心寺山
官位 従五位下、兵部少輔
伊予小松藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳治良 母:門川氏
養父:頼徳
兄弟 頼邦直僖[2]
頼寿(三男)、邦常(四男)、直義(五男)、娘(杉浦正知正室)、娘(喜多川久喬室)
テンプレートを表示

生涯編集

元禄8年(1695年)12月8日、小松藩藩主一族である一柳治良(第2代藩主一柳直治の次男)の長男として、小松で生まれる[1]

直治から家督を譲られて第3代藩主となったのは伯父の頼徳(直治の長男)であった。男子のなかった頼徳ははじめ自身の弟である直堅(直治の三男)を養嗣子としていたが、直堅は頼徳が藩主となる直前の宝永2年(1705年)に早世している。正徳4年(1714年)9月、頼邦は伯父である頼徳の養嗣子となり[1]、同年10月には将軍徳川家継への初謁を果たしている[1]享保9年(1724年)、頼徳の死去により跡を継ぎ[1]、同年12月従五位下兵部少輔に叙任した[1]

頼邦の治世において、小松藩は享保の大飢饉による甚大な被害を受けた。享保17年(1732年)には「飢人」が住民の4割を超え[3]、藩はその救済に追われた。この飢饉では、隣藩の松山藩が多くの餓死者を出したのに対し、小松藩領内での餓死者は皆無であった[3]。小松藩の「会所日記」を解説した増川宏一は、小藩であるがゆえに領内の不作の兆候の把握が早く、対策が立てられたこと、また日頃からの備蓄米が功を奏したことによるものと評している[3]

延享元年(1744年)7月8日、江戸で死去。享年50。跡を三男・頼寿が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『寛政重修諸家譜』巻第六百四
  2. ^ 初名・邦仙。同族の旗本・一柳直長の養子。(『寛政重修諸家譜』巻第六百四)
  3. ^ a b c 増川・北村(2001年)、pp.156-157

参考文献編集

外部リンク編集