メインメニューを開く

一行(いちぎょう、いっこう、諡号:大慧禅師、弘道元年(683年) - 開元15年10月8日727年11月25日[1])は、中国唐代であり、天文学者でもある。俗名は張遂で[2][3]大衍暦を編纂した。本貫魏州繁水県。曾祖父は張公謹。祖父は張大素。父は張懍。

一行
683年 - 727年
諡号 大慧禅師
生地 邢州巨鹿県
宗派 真言宗
寺院 天台山国清寺
普寂恵真善無畏金剛智
著作開元大衍暦

683年に邢州巨鹿県に生まれる。天台教学密教天文学暦学を学び、善無畏と共に『大毘盧遮那成仏神変加持経』7巻を翻訳し、内容を『大日経疏』20巻としてまとめた。善無畏・金剛智から密教を学んだ。真言八祖(伝持の八祖)の一人。

また、それまで使用されていた麟徳暦日食予報に不備があるため、梁令瓚と共に黄道游儀水運渾象水力天球儀)を作成して天体観測を行い、更に南宮説と共に北は鉄勒から南は交州に至る大規模な子午線測量を行って、緯度差1度に相当する子午線弧長が351里80歩(約123.7km)という結果を算出し、それらの観測結果に基づいて『開元大衍暦』52巻を作成した。

略歴編集

  • 683年 邢州巨鹿県にて誕生
  • 703年 荊州玉泉寺天台宗弘景の下で出家
  • 704年頃 嵩山普寂に禅を学ぶ
  • 705年頃 金剛智から陀羅尼を学習
  • 707年頃 玉泉寺の恵真戒律を学ぶ
  • 710年頃 天台山国清寺で開眼
  • 715年頃 長安に招聘される
  • 721年 玄宗の命により、新暦を作成
  • 727年 示寂。新暦「大衍暦」が完成
  • 729年 大衍暦が官暦として採用される

伝記編集

脚注編集

  1. ^ 続群書類従. 第29輯ノ下 雑部』p.16
  2. ^ 鄭処誨『明皇雑録』別録「僧一行、姓張氏、鉅鹿人、本名遂。」
  3. ^ 劉粛『大唐新語』巻13・記異第29「沙門一行、俗姓張、名遂。郯公公謹之曾孫。」
師:善無畏真言宗(伝持6祖)弟子: