この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

丁 璉(ディン・リエン、ベトナム語Đinh Liễn/ 丁璉、生年不詳 - 太平10年(979年10月)は、丁朝大瞿越皇族丁匡璉(てい きょうれん、ディン・クオン・リエン、ベトナム語Đinh Khuông Liễn/ 丁匡璉)とも。

丁璉
Dinhlien.jpg
丁璉像(ホアルー丁先皇廟)
各種表記
漢字チュノム 丁璉(丁匡璉)
北部発音: ディン・リエン(ディン・クオン・リエン)
日本語読み: てい れん(てい きょうれん)[1]
テンプレートを表示

生涯編集

先皇帝丁部領の長男。乾和9年(951年)、呉朝の天策王呉昌岌と南晋王呉昌文が丁部領の根拠地の華閭洞に攻め込んでくると、これを恐れた丁部領は丁璉を人質に差し出し、古螺に留め置かれた[2]

丁部領が従属しなかったために、またも両王が攻め込んできたが、丁部領の守りは堅く、一ヶ月もの間攻め落とせなかった[2]。呉朝の使者は丁璉を竿の上に懸けて「降らなければ丁璉を殺す」と脅したが、怒った丁部領は多くの矢を射掛けさせた。これに驚いた両王は丁璉を殺さずに兵を引いた[2]大宝8年(965年)に呉昌文が戦死すると丁璉は華閭へ戻った[2]

大宝12年(969年)閏5月、南越王に封じられた[3]太平3年(972年)、父の命によりに冊封を求める使者として赴き、翌太平4年(973年)、太祖は丁部領を交趾郡王に封じ、丁璉もまた検校太師、静海軍節度使中国語版安南都護に封じられた[3]

太平9年(978年)、丁部領が幼少の弟である丁項郎中国語版皇太子としたため、長年丁部領と辛苦を共にしてきた丁璉は不満を抱いた[3]。翌太平10年(979年)春、丁璉は人を使って丁項郎を殺害させた[3]。10月、丁部領と共に祗候内人の杜釈中国語版に殺害された[3]

出典編集

  1. ^ 『東洋歴史大辞典』中巻、池内宏矢野仁一橋本増吉編、臨川書店、1986年10月1日(原著1937年)、縮刷復刻版、1430頁。ISBN 978-4653014690
  2. ^ a b c d 大越史記全書』外紀巻之五 呉紀 後呉王
  3. ^ a b c d e 『大越史記全書』本紀巻之一 丁紀 先皇帝