メインメニューを開く
盛夏の万座毛

万座毛(まんざもう)は、沖縄県国頭郡恩納村にある景勝地。恩納村のほぼ中央、東シナ海に面した標高約20メートルの琉球石灰岩からなる絶壁で、象の鼻に似た奇岩がある。崖上は芝生台地となっている。沖縄海岸国定公園である[1][2][3]

名前の由来編集

1726年(尚敬一四)に時の琉球国王尚敬王が国頭巡視の途中に恩納を訪れ、村人が臼太鼓(ウシデーク)でクンシイ毛を披露し、盛大に歓迎した。感動した王がその絶景を「万人を座らせるに足りる」と称賛したことから、万座毛と呼ばれるようになったと言われている[4]

自然編集

石灰岩の断崖上は平坦で、風衝草地には主にコウライシバタイワンカモノハシなどの芝があり、段丘面にある母岩の石灰岩が岩錐状に露出した土壌の少ない立地には、オキナワマツバボタンナハエボシグサなどが混生している。 さらに、海岸断崖地(万座毛の北東側の崖地帯)には、生育地が限定され種の分布が生物地理学上重要視されているハナコミカンボクオキナワスミレなどの沖縄の固有種が生育している。また、海岸林地植物群落があり、モクマオウリュウキュウマツなどの常緑高木や、タラノキオオイタビなどの常緑低木が分布している[5]

交通アクセス編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 字恩納自治会『恩納学誌 山海大地 古からの恵み』字恩納自治会、28頁。
  2. ^ a b 『マニマニ沖縄 九州(5)』JTBパブリッシング、136頁。
  3. ^ 『トリコガイド沖縄 2016 最新版』枻出版社、102頁。
  4. ^ 字誌編集発刊事業スタッフ『恩納字誌』字恩納自治会、2007年3月、28頁。
  5. ^ 沖縄大百科事典事務局『沖縄大百科事典 下巻』沖縄タイムス社、544頁。

外部リンク編集