万引きGメン(まんびきジーメン)とは、店舗において万引き行為を取り締まるための常駐警備保安員の日本における通称である。

Gメン」とは元来、アメリカ合衆国の各政府組織の特別捜査官の通称のこと(政府=Governmentの頭字のG[1])であり、これは日本特有の原義を離れた語用である。万引き取り締まり保安員は、原則民間人であり、警察官のように公的な身分を持っているわけではない。

概要編集

万引きGメンは、警備会社に雇用され、各店舗に派遣された警備員である[2]。買い物客を装って万引き犯を追うため、基本的に私服で、買い物カゴを手に持つなどの策で客に紛れる。

万引き犯を捕まえたGメンは、多くの場合直ちに犯人を店舗の事務所内に連行し、店長あるいは店員に知らせる。万引きの態様や動機、反省の度合いなどを確認し、悪質と判断された場合には、店側やGメンが警察に通報する。万引きの事実が警察には知らされず見逃された場合でも、万引き犯に対しては同店舗への出入り禁止処分がなされることがある。

東京都内の警備会社の場合、警備業法の講習や抵抗する万引き犯の取り押さえ方などの研修を30時間ほど受けたGメンを、各地に約800人派遣しているという[2]

不祥事編集

まれに万引きGメン自身が万引きを犯す不祥事に至ることがある。

  • 2012年4月8日、静岡県浜松市ショッピングセンターで、20年の職歴を持つベテランの女性万引きGメン(当時57歳)が、店舗の監視中にスーパーマーケットで売られていた弁当などを窃盗し、万引きの被害額は2,000円に及んだ。女性は1ヶ月後に、静岡県警に逮捕された[3]
  • 2016年3月29日、滋賀県守山市スーパーマーケットにおいて、店内を巡回していた勤務中の女性万引きGメン(当時55歳)が、65歳の女性買い物客が所有するカバンから、現金25,000円等が入った財布を窃盗したとして、滋賀県警に逮捕された[4][5]

脚注編集

  1. ^ 万引きGメンとは何? Weblio辞書” (日本語). www.weblio.jp. 2019年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 朝日新聞掲載「キーワード」. “万引きGメンとは” (日本語). コトバンク. 2019年10月16日閲覧。
  3. ^ おしゃべり掲示板ポイットでお気軽おしゃべりを楽しもう”. ポイントタウン byGMO. 2019年10月16日閲覧。
  4. ^ 万引きGメン、客のかばんから財布盗んだ疑い その供述は?” (日本語). ハフポスト (2016年3月30日). 2019年10月16日閲覧。
  5. ^ (日本語) 万引きGメンが勤務中に買い物客の財布盗む, https://www.youtube.com/watch?v=PaXTcqYe-vM 2019年10月16日閲覧。 (TOMOニュース)

関連項目編集