メインメニューを開く

三井 正則(みつい まさのり、1950年8月1日 - )は、日本の実業家ダイハツ工業株式会社代表取締役会長で元同社代表取締役社長[1]

経歴編集

1950年8月1日、大阪府に生まれる。1975年3月、中央大学理工学部精密機械工学科を卒業[2]

大学卒業とともに、ダイハツ工業株式会社に入社。2004年に取締役、2006年に常務取締役、2007年に専務取締役を経て2010年には代表取締役副社長へそれぞれ就任した。

2013年に代表取締役社長へ就任し、ダイハツ工業として21年振りに生え抜きの社長が誕生した[3]。雑誌『プレジデント』は、2013年6月17日号の記事で「社員の士気を高めながらものづくり改革を推進し、商品力や競争力の強化を目指すには、うってつけのトップ交代」と評した [4]2017年6月に代表取締役会長へ就任した。

脚注編集

  1. ^ 役員名:三井正則”. Ullet(ユーレット) 株式会社メディネットグローバル. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ 本学精密機械工学科OB ダイハツ工業株式会社 代表取締役社長 三井正則氏が後楽園キャンパスで講演”. 中央大学. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ “ダイハツ社長、三井氏昇格を正式発表”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年3月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO53000200Z10C13A3TJ3000/ 
  4. ^ ダイハツ工業副社長三井正則「軽・戦国時代」に立ち向かう生え抜き社長”. 株式会社プレジデント社. 2015年11月23日閲覧。
先代:
伊奈功一
ダイハツ社長
2013年 - 2017年
次代:
奥平総一郎