三井 高信(みつい たかのぶ、1871年11月23日明治4年10月11日) - 1922年大正11年)8月17日)は、日本実業家王子製紙会長や、東神倉庫社長を務めた。

人物・経歴編集

京都出身[1][2]三井高寛は兄。三井高泰は弟[3]。一本松町家初代当主[1][2]。1872年不振事業であった越後屋を三井家の事業から分離するにあたり三越得右衛門に改名[4][5]。1887年新町紡績所の払い下げを受け[6]東京綿商社頭取に就任[1][2]。1893年三井得右衛門に復姓[5]。1903年品川毛織社長[7]。1911年王子製紙会長[8]。1916年三井銀行監査役[9]。1920年東神倉庫社長[10]三井呉服店監査役三井鉱山監査役、三井物産監査役、三井合名監査役等も歴任した[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 三井 高信(読み)ミツイ タカノブ20世紀日本人名事典の解説
  2. ^ a b c d 「三井高信(読み)みつい たかのぶ」デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  3. ^ 「三井得右衞門 (男性)」日本研究のための歴史情報『人事興信録』データベース(名古屋大学)
  4. ^ 「社名を決めたら改姓もしちゃった」,田中ひろみ『社名の不思議な由来』
  5. ^ a b 生島淳「百貨店創成期の改革者」法政大学
  6. ^ Untitled国立科学博物館
  7. ^ 日本毛織(株)『日本毛織六十年史 : 1896-1956』(1957.05)渋沢社史データベース
  8. ^ 「王子製紙(株)『王子製紙社史 : 1873-2000. 本編』(2001.08)」渋沢社史データベース
  9. ^ 「(株)三井銀行『三井銀行五十年史』(1926.09)」渋沢社史データベース
  10. ^ 「三井倉庫(株)『三井倉庫五十年史』(1961.03)」渋沢社史データベース
先代:
朝吹英二
王子製紙会長
1911年 - 1920年
次代:
藤原銀次郎
先代:
三井高明
東神倉庫社長
1920年 - 1922年
次代:
三井高徳