三井 高徳(みつい たかのり、1874年明治7年)11月16日[1] - 1937年昭和12年)1月7日[1]) は、日本実業家男爵東神倉庫社長、三井鉱山代表取締役三井合名監査役三井物産監査役等を務めた。

人物・経歴編集

父は三井高弘三井高福伊達宗城は祖父。子に三井高陽[2]。父の死去に伴い1919年10月30日に男爵を襲爵した[3]。1922年から東神倉庫社長を務め[4]名古屋出張所の開設などにあたった[5]三井物産監査役三井呉服店監査役、三井鉱山代表取締役[6]三井合名監査役等も務めた[7]。また、円山応挙に私淑し日本画を書いた[6]。1937年死去[8]

著書編集

  • 『南山遺稿』三井高陽、1938年。
  • 『陶工永楽伝 : 和全翁詳伝』三井高陽、1939年。

脚注編集

  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、687頁。
  2. ^ 三井壽太郞 (男性)日本研究のための歴史情報『人事興信録』データベース(名古屋大学)
  3. ^ 『官報』第2173号、大正8年11月1日。
  4. ^ 「三井倉庫(株)『三井倉庫八十年史』(1989.12)」渋沢社史データベース
  5. ^ 「三井倉庫(株)『三井倉庫五十年史』(1961.03)」渋沢社史データベース
  6. ^ a b 「軸装 三井高徳(画) 「十雀に旭」 絹本横物 三井高陽箱書 特上表具」古美術ささき
  7. ^ 日本文化宣揚に東欧と握手の旅巨万の寄付を惜しみなく各国団体と連絡隠れた使節三井高陽氏東京朝日新聞 1935.5.19 (昭和10)(神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 文化(3-046))
  8. ^ 三井高徳美術人名辞典の解説

参考文献編集

日本の爵位
先代:
三井高弘
男爵
三井十一家南家第2代
1919年 - 1937年
次代:
三井高陽
ビジネス
先代:
三井高信
東神倉庫社長(のちの会長)
1922年 - 1931年
次代:
福井菊三郎