メインメニューを開く

三和 完児(みわ かんじ、1926年大正15年)10月4日 -)はタレント作詞・作曲家音楽評論家。 本名は松岡寿夫(まつおか かずお)。父は、東京市向島区吾嬬町(今の墨田区立花)にて、鉄筋業 松岡工業を経営していた、松岡滋忠。松岡工業は中川に突き出ていた場所のために墨田区では数少ない、東京大空襲を免れた。(滋忠の死により、ほどなく廃業となる)滋忠には9人の子供がいるその長子が三和である。 ペンネーム:佃清風(つくだ せいふう)。

三和完児
生誕 (1926-10-04) 1926年10月4日(92歳)
出身地 日本の旗 日本. 神奈川県横浜市
職業 音楽家/タレント

目次

来歴・人物編集

神奈川県横浜市出身。

「司会の神様」の異名を持っていた。

1946年東邦楽劇団バンドマスターを経て、美空ひばり江利チエミ藤山一郎等の専属司会者として活動を始める。

1953年最初の民放テレビ「私も出まショー」のレギュラー司会となる。

1955年司会、タレントの傍ら、日本コロムビアレコードの専属作曲家となり、数々の作品を発表。

1961年よりフジテレビ系列の『キンカン素人民謡名人戦』で司会を務める。歴代司会者の中でも最長期間で「番組の顔」的存在となる、テレビ、ラジオなど多くのレギュラー番組をもち、タレント・ボードビリアンとして活動する一方、作曲家としても作品を残している。

1963年芸能/番組制作プロダクション「三広企画」を設立、代表を務める。

1978年タレント活動を引退。音楽活動を中心に後進の指導に専念する。

次男はイベント・舞台演出家 松岡宣幸。

作品(作曲)編集

  • 「明日を信じよう」(唄:山田太郎
  • 「夫婦ちょうちん」(唄:畠山みどり
  • 「たまらないんだ逢いたくて」(唄:和田浩治
  • 「辛い別れさ」(唄:北原謙二
  • 「恋慕流し」(唄:北島三郎
  • 「田舎教師」/「癪な雨だぜ」/「銀座のシイチョウ野郎」/「こんな恋だってあるんだぜ」/「笑顔だよお加代ちゃん 」/「銀座のシイチョウ野郎」/ 「こんな恋だってあるんだぜ」/他(唄:守屋浩
  • 「アキラのからくり」(唄:小林旭) 
  • 「裏窓の流れ星」/「夜霧はラベンダー」(唄:コロムビア・ローズ
  • 「湯の町姉妹」(唄:こまどり姉妹
  • 「銀座は不思議な街」(唄:若山彰) 
  • 「シオンの花」(唄:小宮恵子) 
  • 「どっかでリズム狂てる」/「負け惜しみの街角」(唄:佐々木功) 他、民謡アレンジ等多数。

出演及びレギュラー番組編集

  • 歌の饗宴フジテレビ司会)
  • キンカン素人民謡名人戦(フジテレビ/司会)
  • 「あなたもメイ優」(ニッポン放送)
  • 「オールスター・パレード」」(ニッポン放送)
  • 「日曜演芸館」/「スター誕生」(ラジオ)
  • 映画「暗黒の旅券」(監督:鈴木清順)
  • 東芝日曜劇場「パーキングコーナー」(TBS) 
  • 「モダン寄席 サラリーマン心得帳」(関西テレビ)
  • 「大旦那と若旦那」(フジテレビ) 
  • 「日本の祭り」(フジテレビ)他

声優編集

  • 「スケルトンの大笑劇場」(毎日放送)

執筆編集

  • 「グランド現代百科事典/民謡部門」(1972年/学研)
  • 「東洋楽理序説」