メインメニューを開く
 
三島名継
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 天平20年(748年
死没 大同5年4月11日810年5月17日
別名 奈継
官位 正四位下左京大夫
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 三島真人
テンプレートを表示

三島 名継(みしま の なつぐ)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族。名は奈継とも記される。真人舒明天皇皇子・蚊屋皇子の後裔[1]官位正四位下左京大夫

経歴編集

延暦2年(783年従五位下叙爵すると、延暦3年(784年長岡宮造営の功労により従五位上と桓武朝初頭に続けて昇叙され、延暦4年(785年内廐頭に任ぜられる。

延暦15年(796年)までに従四位下に昇り、同年12月左衛士督に任ぜられるが、早くも翌延暦16年(797年)正月には大和守として地方官に転じる。

その後、中務大輔に任ぜられて京官に復す。延暦23年(804年)2月に衛門督に任官すると、10月には桓武天皇の和泉摂津両国の行幸に奉仕したことにより正四位下に叙せられている。桓武朝末の延暦25年(806年越前守に任ぜられて再び地方官に転じるが、平城朝では左京大夫摂津守を務めている。

大同5年(810年)4月11日卒去。享年63。最終官位は左京大夫兼摂津守正四位下。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録』左京皇別

参考文献編集