三嶋暦師の館(みしまごよみしのやかた)は、静岡県三島市に存在する博物館三嶋大社の東方向300mに位置する。三嶋暦を代々発行していた河合家の家屋を改修して開館した。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 三嶋暦師の館
The House of Mishima Lunar Calender Publisher
Master Calendar House of Mishima exterior in 2014-05-23.jpg
三嶋暦師の館の位置(静岡県内)
三嶋暦師の館
静岡県内の位置
施設情報
事業主体 三島市
開館 2005年4月29日[1]
所在地 411-0035
静岡県三島市大宮町2丁目5-17
位置 北緯35度7分22.3秒 東経138度55分17.6秒 / 北緯35.122861度 東経138.921556度 / 35.122861; 138.921556座標: 北緯35度7分22.3秒 東経138度55分17.6秒 / 北緯35.122861度 東経138.921556度 / 35.122861; 138.921556
外部リンク 三嶋暦師の館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

館内には三嶋暦の版木や関連資料が展示されるほか、三嶋暦の印刷を体験する講座も開かれる。2006年10月18日には国の登録有形文化財に登録されている[2]

建物の歴史編集

河合家の建物が安政の大地震で倒壊したため、当時の韮山代官江川英敏の協力で、当時裾野市にあった廃屋となった十里木関所の材料を使って建てなおされた。当時の武家風の造りがよく反映されている。

交通編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ せせらぎ回遊ルート”. 三島市. 2017年8月19日閲覧。
  2. ^ 三嶋暦師の館(旧河合家住宅主屋) - 国指定文化財等データベース(文化庁)、2017年8月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集