メインメニューを開く

三木 顕綱(みつき あきつな、天文14年(1545年)? – 天正11年(1583年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。父は姉小路良頼。兄に頼綱、姉妹に斎藤信利室。受領名豊後

飛騨国の小豪族、鍋山氏の養子となり鍋山城[1]を領した。後に義父・鍋山安室を毒殺、義母と安室の実子を追放し、鍋山氏を名実共に乗っ取った。貪欲で兄と折り合いが悪かったという。

天正11年(1583年)、兄に謀反の嫌疑をかけられて、放たれた刺客(荒川甚平)に妻と共に殺害された(『飛騨国治乱記』ほか)。

脚注編集