メインメニューを開く

斎藤 信利'(さいとう のぶとし)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将旗本越中国城生城蛇尾城)主。

 
斎藤信利
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文23年(1554年
死没 慶長10年8月4日1610年9月20日
別名 齋藤信利、通称:次郎右衛門尉
幕府 江戸幕府旗本
主君 上杉謙信織田信長上杉景勝佐々成政徳川家康
氏族 斎藤氏
父母 父:斎藤利基、母:神保氏
兄弟 信利五郎次郎信言信吉
三木良頼
利次利治利政正利利信
戸田由利

目次

出自編集

越中斎藤氏藤原北家利仁流を称す、婦負郡楡原保[1]一帯に勢威を張った国人桃井直常討伐に功があった祖・斎藤左衛門大夫入道常喜文和年間に室町幕府初代将軍足利尊氏より領地を賜ったことに始まるとされる。神保氏とは長らく敵対関係にあったが、天文年間に神保長職に攻められ服属した。

生涯編集

天文23年(1554年)、斎藤伯耆守利基の子として誕生。天正元年(1573年)に父・利基が没して跡を継いだ信利は、当初上杉氏に臣従していたが、上杉謙信の急死後、いち早く織田信長に誼を通じた。織田軍は飛越を結ぶ交通の要地城生城を拠点として斎藤利治佐々長穐神保長住らを送り込み、月岡野の戦いで上杉軍に大勝した。信利も手柄をあげ、信利の弟・久右衛門信吉今泉城を攻略している。信長は斎藤兄弟の働きを評価し、朱印状を下した。諱の「信」は信長からの偏諱という。ところが本能寺の変が勃発すると、斎藤一族は上杉方へ寝返った。実は前年の秋以来上杉氏に通じていたらしい。その後も上杉景勝と結んで佐々成政に抵抗したが、神保氏張によって居城を奪われ、義兄姉小路頼綱を頼って落ち延びた。

その後頼綱の仲介によるか、旧敵佐々成政に仕えて能越国境の要衝湯山城を守ったが、成政没落後徳川家康に召し出され、下総国近江国で1500石を給された。慶長15年(1610年)8月4日、山城国伏見にて没す。享年57。

子孫は旗本として続いている。赤穂事件において、赤穂城引渡目付として遣わされた書院番・斎藤左源太は末裔の一人である。

脚注編集

  1. ^ 現・富山市楡原

外部リンク編集