三村 征雄(みむら ゆきお、1904年11月22日 - 1984年10月16日)は、日本数学者

来歴編集

東京都出身。陸軍大将島川文八郎の三男として産まれ、三村家の養子となる。麹町小学校府立四中一高を経て、1931年東京帝国大学理学部数学科卒業。東京大学教授、のち名誉教授理学博士

人物編集

戦後の日本数学界において、指導的立場にあった人物の一人と言われる。著作はそれぞれの分野の代表的文献とされるものが多い。特に岩波全書の『微分積分学I、II』は、掛谷宗一の同全書『微分学』『積分学』を継承する本として有名である。

著書編集

他。