メインメニューを開く

三波石

群馬県藤岡市などで産出される岩石
三波石

三波石(さんばせき)は、群馬県藤岡市などで産出される岩石。青緑色で白い縞模様があるものが、よく庭石などに利用されている。名称について、三波石峡にある三つの波型の石に由来すると言われるが、産出する三波川から命名されたとの説もある[1]

上毛かるた「さ」の札として読まれている(三波石と共に名高い冬桜)。

性質編集

ジュラ紀末期から白亜紀初期にかけ、高圧低温(200-300度、600-700気圧)で変成した結晶片岩で、片理が発達している。変成鉱物によって色調が異なり、青緑・黄緑・白・赤などの色が付いている[2]


関連項目編集

脚注編集