メインメニューを開く

三浦太郎 (文化人類学者)

三浦 太郎(みうら たろう、1955年1月 - )は、日本の文化人類学者中部大学教授[1]

来歴・人物編集

三浦朱門曽野綾子(本名・三浦知寿子)夫妻の長男として東京に生まれる。東京都立三田高等学校南山大学文学部人類学科卒業、1979年3月、南山大学人間文化学研究科人類学専攻修士課程修了。1984年同大学院人間文化学研究科人類学専攻博士課程単位取得満期退学。英知大学(2007年より聖トマス大学へ改称、2014年度で閉学)教授をへて現職。

専門はフィリピンイスラーム社会、スールー王国、遊牧文化の視点からみた北京市の分析など。

南山大学在学中から、女性週刊誌『女性セブン』にコラムを連載するなどしていたが、最近では中央競馬・国際競馬の評論も行う。英知大時代には自らの提案で大学の地元にある園田競馬場に「英知大学賞」を設定したこともある(大学が聖トマス大に改名したのに伴い廃止)。

曽野の『太郎物語』の主人公のモデル。妻はエッセイスト三浦暁子

著書編集

  • そよ風に乗った風船 青島美幸共著 いんなあとりっぷ社 1976
  • 太郎家族のボルネオ日記 三浦暁子共著 河合出版 1990
  • 花とおじさん 現代美人女子学生論 PHP研究所 1992
  • 太郎&太一物語 女子パウロ会 1992
  • 親子、別あり 曽野綾子共著 PHP研究所 1993 のち文庫
  • 祭りの掟 当世キャンパスの眺め PHP研究所 1994
  • ギャルたちの被災 阪神大震災に学ぶ子育ての知恵 女子パウロ会 1996
  • ヌサンタラ・インドネシア マゼランのめざした島への旅 小学館 1996

脚注・出典編集

外部リンク編集