三田村 雅子(みたむら まさこ、1948年11月6日 - )は、日本国文学者中古文学専攻。フェリス女学院大学名誉教授。

人物・来歴編集

東京都生まれ。1971年早稲田大学第一文学部国文科卒業、1979年大学院日本文学博士課程満期退学。1981年「『枕草子』の〈笑ひ〉と〈語り〉」ほかで日本古典文学会賞、早稲田大学国文学会(窪田空穂)賞受賞。同大学助手、東横学園女子短期大学専任講師、1984年フェリス女学院大学文学部助教授、のち教授。同大学付属図書館長。2009年名誉教授、上智大学文学部教授、2015年退職。日本文学協会の委員長、中古文学会の常任委員を務めるほか、物語研究会の創立初期からのメンバーでもある。

源氏物語』『枕草子』を主な専門とし、王権論などの観点から研究を行ってきた。中古のみならず近世にまで目配りし、幅広い観点から古典文学を捉えている。河添房江らと『源氏研究』の責任編集を担当。義父の三谷栄一、夫の三谷邦明はいずれも中古文学研究者。

NHK教育テレビNHK高校講座-『古典への招待』で、長年にわたり講師をつとめ、主に源氏物語や枕草子の回を担当した。

2009年、『記憶の中の源氏物語』で蓮如賞を受賞。

著書編集

単著編集

  • 『枕草子 表現の論理』有精堂出版 1995
  • 『源氏物語 感覚の論理』有精堂出版 1996
  • 『源氏物語 物語空間を読む』ちくま新書 1997
  • 『草木のなびき、心の揺らぎ 源氏物語絵巻を読み直す』フェリス・ブック 2006
  • 『源氏物語 天皇になれなかった皇子の物語』新潮社・とんぼの本 2008
  • 『記憶の中の源氏物語』新潮社 2008
  • 『100分de名著 源氏物語』NHK出版 2012

共著・編著編集

  • 『枕草子 日本文学研究資料新集』編 有精堂出版 1994
  • 『源氏物語絵巻の謎を読み解く』三谷邦明共著 角川選書 1998
  • 『源氏物語いま語り』河添房江,松井健児共編 翰林書房 2001
  • 『源氏物語を読み解く』秋山虔 小学館 2003
  • 『描かれた源氏物語』河添房江共編 翰林書房 2006
  • 『薫りの源氏物語』河添房江共編 翰林書房 2008
  • 『夢と物の怪の源氏物語』河添房江共編 翰林書房 2010
  • 『源氏物語のことばと身体』編 青簡舎 2010

論文編集

参考編集

  • 「略歴・主要業績目録」『源氏物語のことばと身体』 青簡舎 2010