メインメニューを開く
三菱大夕張炭鉱絵はがき

三菱大夕張炭鉱(みつびしおおゆうばりたんこう)は北海道夕張市の夕張川上流部で操業していた三菱鉱業経営の炭鉱。

目次

概要編集

1929年南部地区より移行し、操業開始。優良な鉄鋼コークス用原料炭を産出し最盛期には、年間90万tの石炭を産出した。また、副産品としてコークス、坑内から湧出するメタンガスを原料としたメタノールの製造も行われていた。1970年には隣接する南部地区に新鉱として三菱南大夕張炭鉱が操業を開始し、同炭鉱に生産を集中させる形で1973年に閉山した。南大夕張炭鉱も海外からの低価格の原料炭輸入に抗しきれず1990年に閉山した。

歴史編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『三菱鉱業社史』 三菱鉱業セメント株式会社刊 1976年
  • 『写真集・大夕張の記憶』 読売新聞北海道支社 2007年
  • 奥山道紀・赤城英昭『三菱鉱業大夕張鉄道』(ネコ・パブリッシング RM LIBRARY 47、2003年) ISBN 4777050025

外部リンク編集