メインメニューを開く

三遊亭圓楽

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ
三遊亭円楽から転送)

三遊亭 圓楽(さんゆうてい えんらく)とは落語家名跡である。

当代は6代目。初代から4代目までは後に別の名跡を襲名しているため、最終的な名として知られているのは2018年現在5代目のみ。

6代目は新字体である「円」の字を用いているが、このことに関しては本人が「当代は常用漢字である円の字で通す」と表明している。それ以前の代においても、新字体の「円」で表記されることがあった。