メインメニューを開く

三遊亭 圓太(さんゆうてい えんた)は、落語名跡。過去に6人されている、三遊派の前座名の一つ。初代三遊亭圓生の門人の初代古今亭志ん生が名乗った経緯もある由緒ある名前。

  • 三遊亭圓太 - 後の初代古今亭志ん生。
  • 三遊亭圓太 - 後の初代三遊亭新朝
  • 三遊亭圓太 - 『文之助系図』に4代目三遊亭圓生の門人に生太郎から南生後に圓太となる人物が掲載されている。『三遊社一覧』(1894年)にも圓太が見えるのも同一人物と思われる。本名:矢本 積善
  • 三遊亭圓太 - 後の三遊亭圓玉。本名:岩出 源次郎。
  • 三遊亭圓太 - 後の柳家小蝶。本名:岩原 喜代造

三遊亭 圓太さんゆうてい えんた
本名 藤生 進
生年月日 (1932-09-25) 1932年9月25日(87歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県
師匠 4代目三遊亭圓馬
名跡 1. 三遊亭新馬(1956年 - 1959年)
2. 三遊亭圓太(1959年 - )
出囃子 草競馬
活動期間 1956年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会

三遊亭 圓太(さんゆうてい えんた、本名:藤生 進(ふじう すすむ)、1932年9月25日 - )は、群馬県新田郡笠懸村(現・みどり市)出身の落語家出囃子は「草競馬」。落語芸術協会所属。

  • 1956年2月 - 4代目三遊亭圓馬に入門し新馬を名乗る。
  • 1959年10月 - 二つ目昇進し圓太と改名。
  • 1973年10月 - 真打昇進。
  • 1995年 - 病気で倒れる、以降高座には上がっていない。リハビリに専念中。

落語よりも色物として「南京玉簾」「影絵」等をやっていた。小料理屋を経営しているが病気のため妻が切り盛りしている。

三遊亭圓太落語芸術協会