メインメニューを開く

三遊亭 遊輔(さんゆうてい ゆうすけ)は、落語家名跡

  • 初代三遊亭遊輔 - 本項にて詳述。
  • 2代目三遊亭遊輔 - かつては初代遊輔門下だった。後の2代目蜃気楼龍玉。本名は斎藤愛之助。

初代 三遊亭さんゆうてい 遊輔ゆうすけ
本名 末吉 伊三郎
別名 泥棒遊輔
生年月日 1865年
没年月日 1908年2月27日
出身地 日本の旗 日本・東京
師匠 初代三遊亭圓遊
弟子 2代目遊輔(後の2代目蜃気楼龍玉)
名跡 太遊
初代三遊亭遊輔
活動期間 ? - 1908年
活動内容 江戸落語・泥棒噺
所属 三遊派
桂派
三友派

初代 三遊亭 遊輔1865年(逆算) - 1908年2月27日)は、明治期に活躍した落語家。本名は末吉伊三郎。

高座で泥棒噺をよく演じていたため、「泥棒遊輔」と呼ばれた。

神楽町の料理店「末よし」で生まれ育つ。初代三遊亭圓遊に入門して、太遊から1892年?に遊輔を名乗る。

1899年8月大阪へ赴き、2代目桂文枝(後の桂文左衛門)が率いる桂派に入るが、すぐに脱退して東京の圓遊門下に戻った。

1901年には再び大阪に移って三友派に加入するが、ここにも長居せずにすぐに東京に帰った。一時は名古屋に居を構えていたこともあり、東西の寄席に出演していた。

しかし帰京後に1907年春に病気を患い、高座に出演の回数も減り1908年に没した。

2代目遊輔(後の2代目蜃気楼龍玉)、一輔(後に初代小圓遊門下で小新遊を名乗る、本名:山辺信一)、亀輔(後に2代目圓遊門下で左好を名乗る、本名:中村静一)などの弟子がいたほか、名古屋時代には三遊亭圓都(本名未詳)がおり、この圓都の一座に後の8代目桂文楽が三遊亭小圓都の名で所属していたことがある。