メインメニューを開く
画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2013年4月

三重県立かがやき特別支援学校(みえけんりつ かがやき とくべつしえんがっこう)は、三重県津市大里窪田町にある県立特別支援学校

三重県立かがやき特別支援学校
Kagayaki special school, CKK20115-C16-22.jpg
全景(2011年)
出典:『国土交通省「国土画像情報(カラー空中写真)」(配布元:国土地理院地図・空中写真閲覧サービス)
過去の名称 三重県立緑ヶ丘養護学校
三重県立緑ヶ丘特別支援学校
国公私立の別 公立学校
設置者 三重県の旗 三重県
併合学校 三重県立城山特別支援学校草の実分校
津市立高茶屋小学校あすなろ分校
津市立南郊中学校あすなろ分校
設立年月日 1956年(養護分教場)
1977年4月1日(三重県立緑ヶ丘養護学校)
共学・別学 男女共学
設置学部 小学部、中学部、高等部、訪問教育部
分校 草の実分校、あすなろ分校
学期 3学期制
所在地 514-0125
三重県津市大里窪田町357番地
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/特別支援学校テンプレート
テンプレートを表示

特徴編集

  • 国立病院機構三重病院に隣接した病院併設型特別支援学校。三重県で唯一の病弱児を対象とする学校である。分校として草の実分校とあすなろ分校を設置する[1]

交通編集

設置学部編集

歴史編集

  • 1956年(昭和31年)10月30日 - 養護分教場として開校。
  • 1960年(昭和35年)12月1日 - 安芸郡豊里村立大里小学校緑ヶ丘分校、津市豊里村教育組合立一身田中学校緑ヶ丘分校と改称。     
  • 1973年(昭和48年)2月1日 - 安芸郡豊里村が津市に合併、津市立大里小学校、緑ヶ丘分校津市立一身田中学校緑ヶ丘分校に改称。
  • 1977年(昭和52年)4月1日 - 三重県立緑ヶ丘養護学校として独立開校。津市から三重県に移管。
  • 1990年(平成2年)4月 - 高等部設置。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 三重大学医学部附属病院へ訪問教育開始。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 三重県立緑ヶ丘特別支援学校に校名変更。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 三重県立かがやき特別支援学校に校名変更[1]。同時に三重県立城山特別支援学校草の実分校、津市立高茶屋小学校あすなろ分校、津市立南郊中学校あすなろ分校を編入し、草の実分校・あすなろ分校を設置する[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 三重県立かがやき特別支援学校(仮称)について”. 三重県. 2017年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集