メインメニューを開く

国立病院機構三重病院

日本の三重県津市にある独立行政法人国立病院機構が運営する病院

独立行政法人国立病院機構三重病院(みえびょういん)は、三重県津市大里窪田町にある独立行政法人国立病院機構が運営する総合病院である。旧国立療養所三重病院。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構三重病院
国立病院機構三重病院
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構 三重病院
英語名称 Mie National Hospital (National Hospital Organization Mie Hospital)
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、アレルギー科、小児科、整形外科、小児外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、リバヒリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科
許可病床数

260床
一般病床:258 床(うち重症心身障害児者 50床)


感染症病床:2床
開設者 国立病院機構
所在地
514-0125
三重県津市大里窪田町357番地
位置 北緯34度46分19.1秒 東経136度28分52.5秒 / 北緯34.771972度 東経136.481250度 / 34.771972; 136.481250 (国立病院機構三重病院)座標: 北緯34度46分19.1秒 東経136度28分52.5秒 / 北緯34.771972度 東経136.481250度 / 34.771972; 136.481250 (国立病院機構三重病院)
二次医療圏 中勢伊賀
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

総合成育医療機関として、子供から高齢者までの医療を提供し、とくに、三重県内唯一の小児救急医療拠点病院として、周辺地域の小児救急医療を24時間体制で担っている。三重県保健医療計画では、三重大学医学部附属病院国立病院機構三重中央医療センターとともに三重子ども病院群として連携し、専門性の高い小児医療および障害児医療を提供するとされており、三重病院は救急をはじめとする小児の急性疾患(感染症や川崎病、けいれんなど)に加え、小児慢性疾患医療(アレルギー、糖尿病、肥満症、てんかん、心身症、など)を重点的に担当している。[1]

小児病棟60床、重症心身障害児者病棟が50床設置されており、さらに2017年には同様の医療型障害児入所施設として病院南側に、県立草の実リハビリテーションセンターおよび県立小児心療センターあすなろ学園を統合移転した「三重県こども心身発達医療センター(仮称)」が設置される予定である。[2]近隣の三重県立緑ヶ丘特別支援学校を含む連携により、三重県の障害を持った子どもに対する発達支援の拠点として総合的な療育支援体制が構築される。

外来診療編集

  • 診察日:月曜日~金曜日(土曜、日曜、祝日は休診)
  • 診療受付時間:午前8:30~午前11:00
紹介状なしで外来を受診する場合、初診時保険外併用療養費2,700円を徴収している。[3]

沿革編集

  • 1939年(昭和14年)05月 - 傷痍軍人三重療養所として創設
  • 1975年(昭和50年)04月 - 国立療養所三重病院に改称
  • 2003年(平成15年)07月 - 外来治療棟が完成、供用開始
  • 2004年(平成16年)04月 - 独立行政法人化に伴い国立病院機構三重病院に改称
  • 2011年(平成23年)12月 - 病棟リニューアル

診療科編集

医療機関の指定編集

  • 保険医療機関(各種健康保険取扱機関)
  • 労災保険指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病指定医療機関
  • 自立支援医療指定医療機関(更生医療)
  • 生活保護法指定医療機関
  • 養育医療指定医療機関
  • 結核予防法指定医療機関
  • 公害健康被害補償法指定医療機関
  • 外国医師臨床修練指定病院

アクセス編集

出典編集

外部リンク編集