メインメニューを開く

三重県道503号一志出家線

日本の三重県の道路

三重県道503号一志出家線(みえけんどう503ごう いちしでやせん)は三重県津市内を通る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
三重県道503号標識
三重県道503号一志出家線
路線延長 2,636m
陸上区間 2,636m
海上区間 0m
制定年 1959年(昭和34年)[1]
起点 津市一志町[1]
終点 一般国道百六十五号交点[1]
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0165.svg国道165号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

  • 起点:津市一志町高野
  • 終点:津市庄田町字出家
  • 実延長:2,636m
  • 路線認定:1959年昭和34年)1月25日[1]
  • 重複区間:なし

利用状況編集

平日12時間交通量[2]
津市一志町高野 7,364台
「自動車の交通量がきわめて少ないと認める道路」
1964年(昭和39年)3月31日には、車両制限令[3]第5条第1項に基づき、「自動車交通量がきわめて少ないと認める道路」に、全区間が指定された[4]。しかし、現在は上記のように交通量は増加している。

地理編集

通過する自治体編集

接続する道路編集

沿線編集

その他編集

  • 路線名にある「出家」は津市庄田町の小字であり、「しゅっけ」ではなく、「でや」と読む[5]
  • 終点の出家三叉路には道標があり、「右 榊原、左 はせ道(初瀬街道)」ときざまれている[6]

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 昭和34年1月25日三重県告示第17号の2
  2. ^ 平成17年度道路交通センサス
  3. ^ 昭和36年政令第265号
  4. ^ 昭和39年3月31日三重県告示第216号
  5. ^ 『三重県の地名』(日本歴史地名大系第二四巻、平凡社、1983年5月20日)の「久居市/庄田町」の項より。
  6. ^ 奈良街道・七栗の道標(2009年9月8日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集