メインメニューを開く

三重県道510号大淀港斎明線

日本の三重県の道路

三重県道510号大淀港斎明線(みえけんどう510ごう おおよどこうさいめいせん)は三重県多気郡明和町内を通る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
三重県道510号標識
三重県道510号大淀港斎明線
路線延長 4,394m
陸上区間 4,394m
海上区間 0m
制定年 1959年(昭和34年)[1]
起点 大淀港
終点 明和町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0023.svg国道23号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

  • 起点:多気郡明和町大淀(大淀港)
  • 終点:多気郡明和町上野
  • 総延長:4,394m
  • 路線認定:1959年昭和34年)1月25日[1]
  • 重複区間:なし

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

その他編集

  • 路線名の「斎明」は1955年(昭和30年)から1958年(昭和33年)まで存在した「斎明村」(斎宮村明星村の合併で誕生、現・明和町)に由来する。また斎明は「斉」明と異体字で記されることもある。
  • 大淀港のある明和町「大淀」は、現在は通常「おいず」と読むが、地名の由来とされる『倭姫命世記』では「おおよど」であり、郵便番号辞書などのふりがなは「おおよど」とされる[2]

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 昭和34年1月25日三重県告示第17号の2
  2. ^ 『明和町観光協会・伝統行事』[1]

関連項目編集

外部リンク編集