上ノ塚古墳

上ノ塚古墳(じょうのづかこふん)は、福井県三方上中郡若狭町脇袋にある古墳。形状は前方後円墳。上中古墳群(うち脇袋古墳群)を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定されている。

上ノ塚古墳
Jonozuka Kofun, zenkei.jpg
墳丘全景(右に前方部、左奥に後円部)
所属 上中古墳群(うち脇袋古墳群)
所在地 福井県三方上中郡若狭町脇袋
位置 北緯35度28分4.49秒
東経135度52分28.36秒
座標: 北緯35度28分4.49秒 東経135度52分28.36秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長100m
埋葬施設 不明
出土品 埴輪
築造時期 5世紀初頭
史跡 国の史跡「上ノ塚古墳」
特記事項 若狭地方第1位の規模
地図
上ノ塚古墳の位置(福井県内)
上ノ塚古墳
上ノ塚古墳
テンプレートを表示
膳部山山麓
左に西塚古墳、中央に上ノ塚古墳、右に糠塚古墳がある。

若狭地方(福井県南西部)では最大規模の古墳で、5世紀初頭(古墳時代中期)頃の築造と推定される。

目次

概要編集

上中古墳群の主な古墳[1][2]
古墳群 古墳名 形状 墳丘長 築造時期
脇袋 上ノ塚古墳 前方後円墳 100m 5c初
城山古墳 前方後円墳 63m 5c中
脇袋 西塚古墳 前方後円墳 74m 5c後
中塚古墳 前方後円墳 72m 5c末
天徳寺 十善の森古墳 前方後円墳 68m 6c初
日笠 上船塚古墳 前方後円墳 70m 6c前
下船塚古墳 前方後円墳 85m 6c中

福井県南西部、若狭地方中央部にある膳部山(ぜんぶやま)の西側山麓に築造された古墳である。この膳部山山麓は、本古墳含む7基(現存確認5基)からなる脇袋古墳群が営造された地域であるが、特に若狭地方の広域首長墓(若狭の王墓)とされる古墳3基(上ノ塚古墳・西塚古墳中塚古墳)を含み、「王家の谷」に擬される地域になる[3]。本古墳は脇袋古墳群の中央部に位置し[4]、これまでに1992年平成4年)に発掘調査が実施されている[5]

墳形は前方後円形で、前方部を北方に向ける(西塚古墳・中塚古墳と逆方向)[6]。墳丘は3段築成[6][5]。墳丘長は約100メートルを測るが、これは脇袋古墳群ひいては若狭地方で最大規模になる[5]。墳丘表面では葺石埴輪円筒埴輪朝顔形埴輪・家形埴輪)のほか、樹立した状態の木製埴輪が検出されている[5]。墳丘周囲には盾形の周濠が巡らされており、周濠外堤の内側斜面は葺石で覆われ、周濠内からは槍形木製品・板材が検出されている[5]

この上ノ塚古墳は、古墳時代中期の5世紀初頭頃[7](または4世紀末-5世紀初頭頃[5])の築造と推定される。若狭の首長墓としては最初の築造で、城山古墳に先立つ時期に位置づけられる[1][2]。被葬者は明らかでないが、後背の「膳部山」の名にも見えるように、一帯の脇袋古墳群ひいては上中古墳群は若狭国造の膳臣(かしわでのおみ、膳氏)一族の首長墓群と考えられており、本古墳もその1つと想定される[1][3]

古墳域は1935年昭和10年)に国の史跡に指定されている[8]

来歴編集

規模編集

古墳の規模は次の通り[5]

  • 墳丘長:約100メートル
  • 後円部 直径:約64メートル
  • 前方部 長さ:約36メートル

文化財編集

国の史跡編集

  • 上ノ塚古墳 - 1935年(昭和10年)12月24日指定[8]

関連施設編集

  • 若狭町歴史文化館(若狭町市場) - 上ノ塚古墳の出土埴輪等を保管・展示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 上中古墳群(平凡社) & 1981年.
  2. ^ a b 『若狭三方縄文博物館・若狭町歴史文化館常設展示図録』 若狭町歴史文化課、2014年、pp. 12-24, 37(若狭町歴史文化館常設展示図録セクション)。
  3. ^ a b 『若狭三方縄文博物館・若狭町歴史文化館常設展示図録』 若狭町歴史文化課、2014年、p. 14(若狭町歴史文化館常設展示図録セクション)。
  4. ^ 上ノ塚古墳(福井県ホームページ「福井の文化財」)。
  5. ^ a b c d e f g h 上ノ塚古墳(続古墳) & 2002年.
  6. ^ a b 上之塚古墳(平凡社) & 1981年.
  7. ^ 『若狭三方縄文博物館・若狭町歴史文化館常設展示図録』 若狭町歴史文化課、2014年、p. 12(若狭町歴史文化館常設展示図録セクション)。
  8. ^ a b c 上ノ塚古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  9. ^ 『若狭三方縄文博物館・若狭町歴史文化館常設展示図録』 若狭町歴史文化課、2014年、p. 16(若狭町歴史文化館常設展示図録セクション)。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集