メインメニューを開く
上官婉児 (『百美新詠』)

上官 婉児(じょうかん えんじ、664年 - 710年)は、7世紀中国代の詩人。上官 昭容(じょうかん しょうよう)とも呼ばれる。陝州陝県(現在の中華人民共和国河南省)の人。上官儀の孫。

略歴編集

麟徳元年(664年)12月の上官儀の誅により、一族の大半を処刑され、彼女も婢の身分に落とされているが、頭の良さと詩文の巧みさにより、則天武后に愛され、中宗の時、昭容(正二品)の女官のポストを与えられた。中宗は「修文館」を建て、公卿の文学者20名を選び、宴や詩会を開催し、金爵を賜っている。婉児は先生格で、鬢の男子を導いている。群臣たちは競作し、添削を請い、婉児の影響で宮廷内では詩が流行したという[1]

だが、その反面、武后の甥にあたる武三思とも関係を持ち、中宗と韋后に彼のことを推薦し、取り立てるように計らってもいる。韋后に武后の故事を吹き込み、皇帝にかわって権力の座につくことを薦めた。そのため、韋后のクーデターが失敗に終わった際に、李隆基(のちの玄宗)の目の前に引き出され、殺されている[2]

没後の開元年間に、『詔張説題篇』20巻が出版されている。代表作に『綵書怨』(さいしょえん)など。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『中国の女詩人』花崎采琰より
  2. ^ 『則天武后』氣賀澤保規より

伝記史料編集

  • 旧唐書』巻76 列伝第一后妃上 上官昭容
  • 新唐書』巻51 列伝第一后妃上 上官昭容

参考文献編集