上官 儀(じょうかん ぎ、608年 - 664年)は、7世紀中国代の詩人・政治家。は游韶。陝州陝県の出身。本貫隴西郡上邽県。曾祖父は北周定襄郡太守の上官迴。祖父は北周の豳州刺史の上官賢。父はの江都宮副監の上官弘。子は上官庭芝上官庭璋。孫娘は女流詩人の上官婉児

略歴編集

幼少時にわけがあって沙門(僧侶)とされ、釈典に通じ、加えて経史を渉猟し、文を善くする。貞観初年に進士に及第し、太宗に召され、弘文館直学士に任じられ、秘書郎に進んでいる。太宗は文を著すたびに、上官儀に目を通させたという。また、『晋書』の撰に関与し、完成後、起居郎に転じ、高宗即位の後は秘書少監に任命される。さらに、龍朔2年(662年)に銀青光禄大夫・西台侍郎・同東西台三品に進んだ[1]

上官儀は、文詞、とりわけ六朝風の五言詩に秀でており、その多くの作品は皇帝の命に応じて作られたものである。その詩風は詞彩自達、綺錯婉媚をもって本としており、声律と対偶を重んじている。貴族・高官の間でその詩体をならうものが続出し、当時の人はこれを上官体と称している。また、対句の法を定め、対仗の方法を「六対」・「八対」に帰納し、律詩の成立にも貢献している。

則天武后の横暴が露わになり、禁中に出入りをしていた郭行真という道士が呪術を為したと、宦官の王伏勝が告発したのに高宗は立腹し、上官儀を召し出して相談した。上官儀は皇帝のために詔を得て、武后を廃そうとしたが、これがかえって武后の知るところとなり、武后に深く恨まれ、麟徳元年(664年)12月、梁王李忠の疑獄に連座し、讒言に遭い、獄中で没し、その家屋・財産は没収された[1]中宗の時期、中書令秦州都督・楚国公を追贈された。

詩文集30巻は日本にも伝わったといわれるが、現存しているは「入朝洛堤歩月」など詩20首だけであり、『全唐詩』に1巻が残されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『資治通鑑』巻第二百一より

伝記史料編集

参考文献編集