メインメニューを開く

上方講談師協会(かみがたこうだんきょうかい)は、主に関西・名古屋地区を中心に活動する講談師が組織する団体。上方講談を中心とする寄席芸能の普及向上、継承・保持を図り、日本の文化の発展に寄与することを目的としている。現会長は旭堂南左衛門

沿革編集

上方講談は「軍談」と「神道講釈」の二つの流れが融合したもので、大正時代に立川文庫の生みの親である玉田玉秀斎などの玉田派が上方講談界を席巻した。その後、玉田、松月堂など上方講談の一門は昭和初期で命脈が尽き、本来の上方講談の系譜はいったん絶えたと言える。本来は江戸の屋号である旭堂のみが残り、二代目南陵の奮闘もあって、上方講談唯一の屋号として今日まで継承されている。

戦後になると、上方落語以上に衰退著しい上方講談は、江戸講談の系譜に連なる二代目旭堂南陵と二代目旭堂小南陵(後の三代目旭堂南陵)父子のみの状態となった。そのような中で1965年11月に二代目南陵が没し、二代目小南陵は三代目南陵を襲名。1966年に上方講談協会を創設し初代会長に就任したが、一龍斎貞鳳著『講談師ただいま24人』によれば、講談師は東京が23名、上方は三代目南陵ただ一人と書き記されており[1]、三代目の孤軍奮闘が長く続いた。現在も数は多くはないが、三代目南陵の弟子たちにより地道な活動が続けられ当面の危機は脱した。

しかし、2003年に協会内の内紛が勃発し、三代目旭堂小南陵(現:四代目旭堂南陵)らが同協会から除名され、「大阪講談協会」を創設した(その後、大阪講談協会からさらに「なみはや講談協会」が分裂)。

2005年、初代会長の三代目南陵が没し、旭堂南左衛門が二代目会長に就任。現在、本協会は南左衛門一門のみが在籍する団体となっている。

協会員編集

  • 旭堂南左衛門(第2代会長)
  • 旭堂南龍(副会長)
  • 旭堂南舟
  • 旭堂南斗
  • 旭堂南鷹
  • 旭堂さくら
  • 旭堂左京
  • 旭堂左文字(名古屋支部)
  • 旭堂左近
  • 旭堂左門(名古屋支部)
  • 旭堂左山(名古屋支部)
  • 旭堂左助(名古屋支部)
  • 旭堂左生(名古屋支部)
  • 旭堂さつき(名古屋支部)
  • 旭堂左楽
  • 旭堂左雲

出典編集

外部リンク編集