メインメニューを開く

上林 千恵子(かみばやし ちえこ、1949年 - )は、日本社会学者。専門は産業社会学法政大学社会学部教授。ケンブリッジ大学クレアホール客員教授なども務めた。冲永賞受賞。

目次

人物・経歴編集

東京都生まれ[1]。1973年一橋大学社会学部卒業。南博ゼミナール出身。1976年東京大学大学院社会学研究科修士課程修了、社会学修士。1979同博士課程単位取得満期退学[2][3]

1979年から1991年まで東京都立労働研究所非常勤研究員を務め、1991年から江戸川大学社会学部専任講師。1994年江戸川大学社会学部助教授。1996年法政大学社会学部教授。2001年から2002年までケンブリッジ大学クレアホール客員教授[2][3]

専門は産業社会学[2]技能実習制度を一貫した研究テーマとしており[4]、1989年からの20年以上に渡る調査結果をまとめた『外国人労働者受け入れと日本社会』で第30回(平成27年度)冲永賞を受賞した[2][5][6]

内閣府男女共同参画推進連携会議議員[7][8]防衛省防衛人事審議会委員[9]厚生労働省労働政策審議会臨時委員なども務める[10]。2013年には国会同意人事案として人事官への起用が提示されたが、ねじれ国会参議院本会議において、民主党日本維新の会日本共産党生活の党など野党の反対で不同意となった[11]

著書編集

  • 『外国人研修生・技能実習生の技能習得と生活適応に関する研究』法政大学 1995年
  • 『中小企業の育児支援と育児休業制度』法政大学社会学部学会 2001年
  • 『外国人労働者受入れ制度の定着過程』法政大学 2004年
  • 『よくわかる産業社会学』(編著)ミネルヴァ書房 2012年
  • 『外国人労働者受け入れと日本社会』東京大学出版会 2015年

脚注編集

外部リンク編集