メインメニューを開く

上野豊岡藩(こうづけとよおかはん)は、上野(現在の群馬県高崎市下豊岡町常安寺)に存在した

目次

藩史編集

慶長7年(1602年)、根津政直(松鴎軒)の子である根津信政は5000石加増により1万石の大名となり、上野豊岡藩を立藩した。

信政の没後、息子政次が2代藩主となるが早世、さらに養子となった弟・信直が家督を継ぐものの、寛永3年(1626年)4月(異説として寛永2年(1625年))に病死した。

信直には嗣子がなく、根津家は無嗣断絶で改易となり、上野豊岡藩は廃藩・幕府領となった。

歴代藩主編集

根津氏

譜代 1万石

  1. 信政(のぶまさ)
  2. 政次(まさつぐ)
  3. 信直(のぶなお)

陣屋編集

  • 上野豊岡陣屋跡[1]

脚注編集

  1. ^ [1]