メインメニューを開く

下島 勲(しもじま いさお、1870年9月20日明治3年8月25日) - 1947年昭和22年)5月30日)は、日本の医師、俳人。号は空谷(くうこく)。

略歴編集

長野県伊那郡原村(現・駒ケ根市)出身。上京後苦学して商業学校、ついで東京慈恵医院医学校を卒業し軍医となる。日露戦争などに従軍して陸軍一等軍医となり、1907年軍隊を退く。東京の田端に医院・楽天堂を開業。書画・俳句などを通じて芥川龍之介室生犀星久保田万太郎菊池寛板谷波山萩原朔太郎ら多くの文士・彫刻家・画家などと親交を深めた。芥川とは特別懇意になり主治医としてその最後を看取った。また郷里の伊那に埋もれていた井上井月を紹介した[1]。甥に下島連がいる。

著書編集

  • 『空谷山房随筆集人犬墨』竹村書房 1936年8月 全国書誌番号:46071282NCID BA37366659
  • 『随筆鉄斎其の他』興文社 1940年 全国書誌番号:46027987NCID BA55420723
  • 『薇 句集』興文社 1940年5月 全国書誌番号:46062024NCID BA88582152
  • 『芥川竜之介の回想 随筆集』靖文社 1947年 全国書誌番号:75029478NCID BN05106977

編著編集

脚注編集