下手人(げしゅにん 中近世の読みは「げしにん」)は、解死人に起源を有する江戸時代に使われていた犯罪に関する語で、以下の意味を持つ。

  1. 殺人犯
  2. 庶民に科されていた6種類の死刑のうちで、最も軽い種類。
  3. 上記の刑罰に該当する犯罪行為を行った犯罪者もしくはその身代わり。

現在は、専ら「殺人犯」の意味で用いられる。

現在の日本では、死刑は「絞首刑」のみだが、江戸時代には罪状に応じて6種類の死刑が定められていた。その中で最も軽い刑罰が「下手人」である。斬首(刀で首をはねる)により殺害する刑で、他に付加的な刑罰は科されない。引取り人がいる場合には、処刑後に死骸を引き渡し弔うことも許されていた。刀剣の試し斬り等に使用することは認められていなかった[1]

げしにん編集

中世の「げしにん」(解死人、下死人、下手人)は、殺害事件に関して、直接の加害者の属する集団から被害者側に差し出された者をさす[2]。下手人は実際の犯行者でなくても構わず、寧ろ加害者集団の下層に位置する身分の者が身代わりにされることが多かった。基本的に仇討ちとして殺されたが、顔をみたうえで被害者側の集団が納得をし賠償で済ませることや、真犯人を引き渡すまでの人質として扱われ牢に閉じ込められる場合もあった[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 公事方御定書による。「西山町郷土史」[1]PDF-P.29以降参照。
  2. ^ 勝俣鎮夫 「下手人/解死人」世界大百科事典平凡社https://www.excite.co.jp/dictionary/ency/content/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%83%B32021年5月31日閲覧 
  3. ^ 吾妻鏡(第11巻)建久二年五月大三日

文献情報編集

  • 服部良久 「中・近世の村落間紛争と地域社会:ヨーロッパアルプス地方と日本」京都大学文学部研究紀要』 46号、157-266頁。hdl:2433/73128https://hdl.handle.net/2433/73128 

関連項目編集