下顎第二小臼歯(かがくだいにしょうきゅうし、mandibular second premolar)は下顎第一小臼歯の遠心にある小臼歯。近心側隣接歯は下顎第一小臼歯、遠心側隣接歯は下顎第一大臼歯、対合歯は上顎第一小臼歯上顎第二小臼歯である。

下顎第二小臼歯の機能は、咀嚼中に下顎第一大臼歯のアシストを行うことである。下顎第二小臼歯は通常三咬頭である。頬側に大きな咬頭がある。舌側二咬頭は良く発達し、機能咬頭である。したがって、下顎第一小臼歯は犬歯に似ているが、下顎第二小臼歯は下顎第一大臼歯に似ている。

生後2年~2.25年の頃に石灰化を開始し、歯冠の完成は6~7歳頃、11~12歳で口腔に萌出し、12~14歳頃に歯根が完成する[1]

日本では一般的に、左側第二小臼歯を左下5番(表記は┌の中に5を入れた物)、右側第二小臼歯を右下5番(表記は┐の中に5を入れた物)と呼ぶが、この他、左側を20、右側を29とする表記法や、左側を35、右側を45とする表記法も国際的に知られる。

脚注編集

  1. ^ 本川ら, p.53

参考文献編集

  • 本川渉久芳陽一「第4章 歯の発育」『新小児歯科学』下岡正八五十嵐清治内村登木村光孝鈴木康生大東道治本川渉渡部茂クインテッセンス出版東京都文京区、2004年3月25日、第1版第5刷、51-78頁。ISBN 4-87417-501-5

関連項目編集