不在宴会

不在宴会』(ふざいえんかい)は、松本清張短編小説。『小説新潮1967年11月号に『十二の紐』第10話として掲載され、1967年12月に短編集『死の枝』収録の1作として、新潮社(新潮小説文庫)より刊行された。

2008年にテレビドラマ化されている。

あらすじ編集

中央省庁課長の魚住一郎は、視察先の北九州で、愛人にしたバーの女と落ち合うことにしていた。そのため、工場長の熊田と次長の鶴原がセッティングした宴会への出席を断ったが、宴会には「出席していたことにする」ことで合意を取り付ける。しかし、女のいる温泉旅館に着いた魚住の目に飛び込んできたのは、浴室に横たわっている白い死体であった。

テレビドラマ編集

松本清張特別企画
不在宴会 死亡記事の女
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:48
放送期間 2008年2月17日BSジャパン
2008年2月20日テレビ東京
放送国   日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
監督 榎戸耕史
原作 松本清張『不在宴会』
脚本 西岡琢也
出演者 三浦友和
田中好子ほか
エンディング 小柳ゆき「La VITA」
テンプレートを表示

松本清張特別企画 不在宴会 死亡記事の女」。2008年2月17日BSジャパンの「BSミステリー」枠(21:00-22:48)にて放映。地上波では、同年2月20日テレビ東京系列の「水曜ミステリー9」枠(21:00-22:48)にて放映。主人公の視察先を福島県に設定し、岳温泉を死体発見場所としている。

キャスト
スタッフ
テレビ東京系列 水曜ミステリー9
前番組 番組名 次番組
夏樹静子サスペンス特別企画
四文字の殺意 ひめごと
(2008.2.6)
松本清張特別企画
不在宴会 死亡記事の女
(2008.2.20)
第27回横溝正史ミステリ大賞
テレビ東京賞受賞作品「誤算」
(2008.3.5)