世界チェス選手権

世界チェス選手権(せかいチェスせんしゅけん、World Chess Championships)は、チェスにおける世界最高プレーヤーを決めるトーナメントである。

目次

歴史編集

それまでの世界チェス選手権は非公認大会であったが、公式の世界選手権は1886年からであった。しかしFIDEPCAとの対立で分裂。1993年から13年間、別々の世界選手権が開催されたが、現在は1つに統一されている。

歴代チェスチャンピオン編集

公式チャンピオン (1886–1993)編集

# 名前 年齢
1 ヴィルヘルム・シュタイニッツ 1886–1894   オーストリア=ハンガリー帝国 (ボヘミア)
  アメリカ
50–58
2 エマーヌエール・ラスカー 1894–1921     ドイツ 26–52
3 ホセ・ラウル・カパブランカ 1921–1927   キューバ 33–39
4 アレクサンドル・アレヒン 1927–1935
1937–1946
  フランス
  ソビエト連邦
35–43
45–54
5 マックス・エーワ 1935–1937   オランダ 34–36
6 ミハイル・ボトヴィニク 1948–1957
1958–1960
1961–1963
  ソビエト連邦 (RSFSR) 37–46
47–49
50–52
7 ワシリー・スミスロフ 1957–1958   ソビエト連邦 (RSFSR) 36
8 ミハイル・タリ 1960–1961   ソビエト連邦 (ラトビアSSR) 24
9 チグラン・ペトロシアン 1963–1969   ソビエト連邦 (アルメニアSSR) 34–40
10 ボリス・スパスキー 1969–1972   ソビエト連邦 (RSFSR) 32–35
11 ボビー・フィッシャー 1972–1975   アメリカ 29–32
12 アナトリー・カルポフ 1975–1985   ソビエト連邦 (RSFSR) 24–34
13 ガルリ・カスパロフ 1985–1993   ソビエト連邦 (アゼルバイジャンSSR)
  ロシア
22–30

統一チャンピオン (2006–現在)編集

# 名前 年齢
14 ウラジーミル・クラムニク 2006–2007   ロシア 31–32
15 ビスワナサン・アナンド 2007–2013   インド 38–43
16 マグヌス・カールセン 2013–現在   ノルウェー 22–25

関連項目編集