メインメニューを開く

世界気象監視計画(せかいきしょうかんしけいかく、: World Weather Watch, WWW)とは、気象観測データの共有および集積を世界的に推進する、世界気象機関 (WMO) のプロジェクト。1963年開始。

気象予報の根幹を成す情報収集に重点を置いた事業であり、現在では気象予報に欠かすことのできない重要な通信システムを作り上げた。

世界気象監視計画の構成編集

  • 基本組織委員会 (Commission for Basic Systems, CBS)
    • 技術指導などの総合的支援を行う。
  • 全球監視システム[1] (Global Observing System, GOS)
    • 地上・海上・航空・衛星の4方面からの観測システムを整備する事業。
  • 全球通信システム[1] (Global Telecommunication System, GTS)
    • GOS等により整備された観測システムから観測データを拾い上げ、それを効率的に世界各地の拠点に伝送する通信システム。全球気象通信システムともいう。
  • 全球データ処理・予報システム[1] (Global Data Processing and Forecasting System, GDPFS)
    • GTS等から収集したデータを処理するとともに、解析や蓄積を行うシステム。
  • WWWデータ管理 (WWW Data Management, WWWDM
    • GOS・GTS・GDPFSを一体的に運用する事業および、データ管理事業。
    • 分散型データベース (Distributed DataBases, DDB) - WWWDMを通じてデータを蓄積する分散データベース
  • 一般気象サービス (Pubic Weather Services, PWS)
    • 各国の気象機関が行う気象業務(市民向けの情報提供など)を支援する。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c 気象災害の防止に向けた協力”. 気象庁. 2012年3月20日閲覧。

外部リンク編集