メインメニューを開く

丘乃 愛唯(おかの あゆ、1982年4月12日 - )は、日本の元ストリッパー

北海道出身。身長155cm、スリーサイズB92cm(Fカップ)・W60cm・H88cm。血液型はAB型。

略歴編集

札幌市内のホテルに務めていたとき偶然、テレビでのストリップの紹介を見て興味を持ち、札幌道頓堀劇場(以下、道劇と略)へ観劇に行ったところ、「綺麗だし、楽しそう」と感動。自身もステージに立ちたくなり、道劇のスタッフに声をかけたところ、トントン拍子に話が進み、2000年3月11日、道劇専属のダンサーとして同劇場で初舞台を踏む。

当時現役であった藤繭ゑ岬ゆうらと共に「道劇3人娘」として劇場の看板を飾っていた。他の2人が次々に辞め、残る彼女1人が道劇の看板娘として活躍し続けたが、自身も2005年11月をもって無期限休養に入った。

人物編集

切れのあるダンスと、Fカップの天然巨乳が評判。顔立ちはまだあどけなさがまだ残るが、外見とは対照的に、デビュー経歴でもわかるように、自分がこうと決めたら一直線に突き進む積極派。

その意志の強さはステージにも通じ、ダンスの振り付けは、「人に任せると、その人のステージになりそうで嫌」と、全部自分で工夫していた。手本として雅麗華から客を吸い寄せる雰囲気作り、新庄愛から流麗なダンス、三代目東八千代からは踊りの間の取り方を学んでいた。

学生時代から元々ダンスが好きで、中学時代にはストリートダンスに夢中になっていたという。舞台で20日間働いて10日間休むのが通常だが、その休みのほとんどは諸先輩方の見学にあて、イメージ作りの参考にしていたという。

趣味はパソコンいじり、犬グッズのコレクション。

好きな物は、食べ物では和菓子。飲み物ではボルヴィックなどのミネラルウォーター。ブランドではシャネルヴィトングッチ。煙草はセーラムライト

嫌いな物は生クリーム

関連項目編集

外部リンク編集

  • 舞姫図鑑 -「PingNet」によるインタビュー記事