メインメニューを開く

丙寅丸(へいいんまる)は、幕末長州藩の軍艦。1866年5月に高杉晋作長崎にてイギリス商人トーマス・ブレーク・グラバーより購入した。

長州藩高杉晋作は、第二次長州征伐(四境戦争)直前の1866年5月に長崎へ赴き、藩の了解を得ず独断で丙寅丸(購入時の名前はオテントサマ丸)を3万6千で購入。同年6月に四境戦争が始まると藩の海軍総督として本艦を率い、先に幕軍により占領された屋代島(周防大島)方面の幕府艦隊を奇襲しこれを撃退した。小倉方面の開戦時には、他3隻を率いて先制攻撃を行い門司、田野浦を占領するなど、四境戦争の事実上の勝利に大きく貢献している。

戊辰戦争の後はヲテント丸の名で、定期貨客船として博多大阪間の航路に就役した。