メインメニューを開く

両丹日日新聞(りょうたん にちにち しんぶん)は、株式会社両丹日日新聞社が発行する京都府福知山市をサービスエリアとする地域新聞である。発行部数は、約2万部。両丹とは旧国名丹波丹後を指す。

両丹日日新聞
種類 日刊紙

事業者 両丹日日新聞社
本社 福知山市
創刊 1945年10月1日
前身 両丹時報
言語 日本語
価格 1部 70円
月極 1350円
発行数 1万9300部
ウェブサイト http://www.ryoutan.co.jp/
株式会社 両丹日日新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒620-0055
京都府福知山市篠尾新町1-99
事業内容 日刊紙発行
業種 情報・通信業
テンプレートを表示

概要編集

1945年昭和20年)10月1日に週2回発行の「両丹時報」として創刊され、1955年(昭和30年)7月から現在の日刊紙として一新。福知山市に本社を置き、同市周辺にあった旧三和町、旧夜久野町、旧大江町の3町の区域(この3町は、2006年平成18年)1月1日に福知山市と合併し消滅した)を含めた両丹地域を対象に夕刊(日曜祝祭日休刊)で発行している。

また関連新聞社として「亀岡市民新聞」(亀岡市の週刊新聞)、「あやべ市民新聞」(綾部市の隔日刊紙=週3回刊)、「北近畿経済新聞」(月3回の旬刊経済紙)、「TOWN TOWN」(両丹アド社発行のフリーペーパー。毎月2回刊)があり、これらで「京都府北部地方新聞連合会」と題した組織を運営している。

なお、ウェブページ版(Yahoo!ニュースにも配信)の記事では、基本的に明るい話題を中心として掲載し、政治選挙も含む)や事件・事故や自然災害などは速報で伝える程度とし、詳細は紙面で見るように促しているが、2004年10月20日 - 21日台風第23号による暴風雨災害、2013年8月15日に起きたドッコイセ福知山花火大会会場での露店爆発・炎上事件発生後、同9月15日 - 16日台風第18号による暴風雨災害などの大規模な災害・事故はこの例外として、事故関連の報道を中心にして掲載されている。なお、事件・事故報道の際の被疑者については、紙面では実名で掲載されている場合でも、ウェブページ版では匿名に差し替えて掲載することがある[1][2](これは他紙でも同様)。また、記事のものも含めて電話番号を紹介する際、ウェブページ版(Yahoo!ニュース含む)であっても福知山市の市外局番(0773)が割愛されている場合がある。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集