メインメニューを開く

中埔郷(ジョンプー/ちゅうほ-きょう)は台湾嘉義県嘉義都市圏の中にあって、嘉義市衛星都市である。

中華民国 台湾省 嘉義県の旗 嘉義県 中埔郷
別称: -
嘉義吳鳳廟.JPG
地理
Kagiken-tyuuhokyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 129.5016 km²
各種表記
繁体字: 中埔郷
日本語読み: ちゅうほ
漢語: Zhōngpú
通用: Jhōngpú
注音符号: ㄓㄨㄥ ㄆㄨˊ
片仮名転写: ヂョンプー
台湾語: Tiong-po·
客家語: Chûng-phû
行政
行政区分:
上位行政区画: 台湾省 嘉義県の旗 嘉義県
下位行政区画: 22村375鄰
政府所在地: 中埔村128号
中埔郷長: 李碧菁
公式サイト: 中埔郷公所
情報
総人口: 45,698 人(2016年1月)
世帯数: 15,958 戸(2016年1月)
郵便番号: 606
市外局番: 05
中埔郷の木: -
中埔郷の花: -
中埔郷の鳥: -
金蘭村の市街地

地理編集

中埔郷は嘉義県南部に位置し、北は嘉義市東区と、西は水上郷と、東北は番路郷と、東南は大埔郷と、南は台南市白河区とそれぞれ接している。嘉義市ヘの通勤率は約23%。

歴史編集

中埔は移民による入植の地位を表す地名である。中埔の近隣には有頂埔、白芒埔、三界埔、樹頭埔などがあり、その中心に位置していることから「中埔」と名付けられた。元来は原住民である鄒族の活動領域であり、清代には理番通事が設置され、原住民との交易が行なわれていた。1920年の台湾地方改制により「中埔庄」が設置され台南州嘉義郡の管轄とされた。戦後は初め台南県中埔郷とされたが、1950年嘉義県中埔郷に改編され現在に至っている。

経済編集

銀行編集

行政区編集

中埔村、塩館村、湾潭村、社口村、隆興村、義仁村、金蘭村、和睦村、和美村、和興村、富收村、裕民村、龍門村、頂埔村、石硦村、瑞豊村、同仁村、深坑村、三層村、沄水村、中崙村、東興村

歴代郷長編集

氏名 任期

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
高速道路 フォルモサ高速公路 中埔IC
省道 台3線 番路郷 - 中埔郷 - 大埔郷
省道 台18線 嘉義市 - 中埔郷 - 番路郷
省道 台82線 東西向快速道路 東石水上線:水上郷 - 中埔郷 - 水上郷

観光編集

名物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 南部・嘉義の山中に「台湾美人の湯」 観光促進に期待” (日本語). 中央社 フォーカス台湾. 2018年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月30日閲覧。