メインメニューを開く

中山 孝雄(なかやま たかお、1960年3月15日 - )は、日本裁判官検察官法務省大臣官房審議官や、東京地方裁判所部総括判事等を経て、長野地方裁判所所長。

目次

人物・経歴編集

長野県上水内郡信濃町出身[1]。1978年長野県長野高等学校卒業[2][3]。1982年中央大学法学部法律学科卒業。1984年旧司法試験合格。司法修習39期を経て[4]、1987年裁判官任官。大阪地方裁判所判事補長野地方裁判所判事補、富山地方裁判所判事補、名古屋地方裁判所判事補、法務省名古屋法務局訟務部付(検事)、東京地方裁判所判事新潟地方裁判所新発田支部長等を経て[4][5]、2008年法務省大臣官房民事訟務課長(検事)[2]。2009年法務省大臣官房訟務企画課長(検事)。2010年法務省大臣官房審議官(訟務担当)(検事)。2013年東京高等裁判所判事。同年東京地方裁判所部総括判事。2017年東京地方裁判所民事部第一所長代行者兼務[4][5]。2018年長野地方裁判所所長、長野家庭裁判所所長[3][2]。趣味は登山スキー[2]

裁判編集

  • 生長の家の幹部だった原告が、菅野完による著書『日本会議の研究』の販売差し止めを求めていた事件で、「差し止めが認められるほどの名誉毀損はない」とし、差し止めの仮処分命令を取り消した[6][7]

編著書編集

脚注編集