メインメニューを開く

中島 恵美(なかしま えみ、1950年12月11日[1] - )は、日本薬学者薬学博士。元慶應義塾大学薬学部教授。専門は薬剤学で、研胎盤関門機能の分子薬剤学的研究と個別薬剤療法のシステム構築が研究課題であり、特に妊婦に対して薬物療法・投与計画を最適化する理論基盤を確立するために、胎盤細胞株や遺伝子発現系あるいは実験動物を用いて、薬物の胎盤透過機構を解明する基礎研究にも力を注いでいた[1]

経歴編集

受賞歴編集

  • 2002年7月 日本薬剤学会 Postdoctoral Presentation Award 指導教員(受賞者:中島恵美)。
  • 2007年6月 トランスポーター研究会 ベストポスター賞(ラット胎盤におけるezrinの発現変動とP-glycoproteinおよびGLUT1細胞内局在への影響、受賞者: 崔 吉道, 樋口 慧, 和田真実, 巨勢典子, 西村友宏, 田村 淳, 月田早智子, 若山友彦, 中島恵美)。
  • 2008年5月 日本薬剤学会 日本薬剤学会永井記念国際女性科学者賞(薬物動態の個体間変動要因の解析と個別薬剤療法への応用、受賞者: 中島恵美)。
  • 2011年11月 慶應義塾義塾賞(薬物の体内動態における個体間変動要因の機構解明と個別薬剤療法への応用に関する研究、受賞者: 中島恵美)。

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.377

関連リンク編集