中川(なかがわ)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつである。

中川の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 中川浅之助 --- --- 1684年の相撲仲間の1人
2代 中川平三郎 --- --- 1704年頃-
3代 中川増右衛門 --- --- 1706年頃- 2代目と併存
4代 陣鐘与兵衛 --- 1841年頃-1849年頃 1世紀余りの後復活
5代 真冨山大五郎 --- --- 1856年頃-
6代 大湊代介 下二4 雷-音羽山部屋 1870年-1901年9月(死去)
7代 鬼鹿毛清七 前6 竹縄(大阪)-華の峰(京都)-雷部屋 1902年5月-1931年1月(死去)
8代 吉野山要治郎 前1 春日山-立浪部屋 1933年1月-1956年2月(死去)
9代 清惠波一綱 前2 立浪部屋 1960年1月-1988年6月(停年(定年。以下同)退職)
10代 竹葉山真邦 前13 宮城野部屋 1989年1月-6月 借株
10代宮城野に名跡変更
11代 福ノ海七男 前10 朝日山部屋 1991年5月-1995年4月(停年退職) 借株
12代 大翔山直樹 前2 立浪部屋 1995年11月-1998年2月 11代追手風に名跡変更
13代 追風山裕邦 前6 追手風-立浪部屋 1998年2月-2003年6月(停年退職)
14代 蔵玉錦敏正 前1 伊勢ノ海-鏡山部屋 2003年11月-2004年8月 借株
14代白玉に名跡変更
15代 旭里憲治 前14 大島部屋 2004年8月-

関連項目編集