メインメニューを開く

中村 典正(なかむら てんしょう、1935年12月12日 - 2019年8月16日[1])は、おもに歌謡曲演歌を手がける日本の作曲家[2]。本名:中村貞夫(なかむら さだお)。

経歴編集

山口県の、後の新南陽市[3]周南市に生まれ[4]。地元で開催された「コロンビア歌謡コンクール」徳山大会で入賞し[4]、歌手を志し「かばん1つで上京」した[5]1958年には「コロンビア歌謡コンクール」全国大会で入賞し、若山彰付き人となり、原六朗に師事した後[4]、歌手ではなく、作曲家の道に進んだ[2]

1963年北島三郎の「三郎太鼓」のB面に収録された[4]「田舎へ帰れよ」で、本名の中村貞夫として[6]、作曲家としてデビューした[2][5]1969年には、同じく北島三郎の「仁義」がシングルA面となり、ヒットした[4]。この時点では中村千里として活動していた[4][7]

その後さらに中村典正と改名して日本クラウンの歌手の作曲を手がけ、鳥羽一郎の「男の港」などのヒットを生み、別名義の山口ひろしとして他社の歌手にも楽曲を提供して、藤あや子の「むらさき雨情」などがヒットした[2][4]

また、妻である松前ひろ子の楽曲を多数手がけているほか、三山ひろしを育てたことでも知られている[2]。作曲家生活50周年を迎えた2013年には、代表的作品を集めた、松前ひろ子『中村典正・山口ひろし作品を唄う 中村典正作曲家生活50周年記念アルバム』[4]三山ひろし『三山ひろし縁歌集三山ひろし 恩師・中村典正を唄う』が発表された[8]

2019年8月16日、肺炎のため死去[1]。83歳没。

脚注編集