新南陽市

日本の山口県にあった市

新南陽市(しんなんようし)は、山口県の東部にかつてあった。市制施行前は南陽町を名乗っていたが、山形県南陽市があったために頭に「新」を冠し、新南陽市とした経緯がある。

しんなんようし
新南陽市
永源山公園
新南陽市旗
新南陽市章
新南陽市旗 新南陽市章
廃止日 2003年4月21日
廃止理由 新設合併
新南陽市、徳山市鹿野町熊毛町周南市
現在の自治体 周南市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
市町村コード 35214-4
面積 64.21km2.
総人口 32,718
(2003年3月31日)
隣接自治体 徳山市都濃郡鹿野町
新南陽市役所
所在地 746-0034
山口県新南陽市富田一丁目1-1
座標 北緯34度04分22秒 東経131度44分58秒 / 北緯34.07283度 東経131.7495度 / 34.07283; 131.7495座標: 北緯34度04分22秒 東経131度44分58秒 / 北緯34.07283度 東経131.7495度 / 34.07283; 131.7495
 表示 ウィキプロジェクト

2003年4月21日徳山市熊毛町鹿野町と合併し、新たに周南市となり消滅した。

歴史編集

行政編集

歴代市長編集

特記なき場合『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』などによる[1]

  • 第1代 久楽利郎(くたら としろう):1970年11月1日 - 1975年11月30日(旧南陽町長、途中辞職)
  • 第2代 本田豊輔(ほんだ とよすけ):1975年12月28日 - 1987年12月27日(元新南陽市議会議長)
  • 第3代 藤本博吉(ふじもと ひろきち):1987年12月28日 - 1995年12月27日(元新南陽市総務部長)
  • 第4代 藤井正彦(ふじい まさひこ):1995年12月28日 - 1999年12月27日(元新南陽市議会議長)
  • 第5代 吉村徳昌(よしむら のりまさ):1999年12月28日 - 2003年4月20日(元新南陽市助役)

地域編集

徳山市に囲まれた瀬戸内海沿いの富田・福川地区と、山間部の和田地区に分かれる。両地区はほぼ同面積で、飛び地の自治体の中でも特に大規模なものとして知られていた(徳山市との合併により飛び地は解消されている)。

教育編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

高速道路編集

国道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 永源山公園
  • 山崎八幡宮
  • 若山城
  • 旧日下医院
  • サンフェスタしんなんよう(8月)
  • 山崎八幡宮本山神事(県指定無形民俗文化財)(9月)
  • 新南陽ふるさとふれあい物産展(11月)

出身者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第3巻 歴代知事編纂会、1983年。 

関連項目編集

外部リンク編集