メインメニューを開く
揚羽蝶
桐蝶
蔓片喰

中村 歌六(なかむら かろく)は、歌舞伎役者の名跡屋号播磨屋、五代目のときに一時萬屋としている( → 詳細は「萬屋」の項を参照)。定紋は播磨屋のときが揚羽蝶、萬屋のときが桐蝶、替紋は蔓片喰(つるかたばみ)

  • 贈四代目 中村歌六
    • 三代目の次男・三代目中村時蔵の長男、1925–73。病気で舞台に立てなくなり役者を廃業、以後脚本家として名をあげる。死後8年目に「四代目中村歌六」を追贈。
    • 三代目中村種太郎 → 二代目中村歌昇 → 小川貴智雄 → 贈四代目中村歌六