メインメニューを開く

中村維男(なかむら ただお、1944年 - )は、日本の研究者工学博士である。元IEEEシンポジウムCOOL Chips組織委員会委員長である。

中村 維男
人物情報
生誕 1944年
日本の旗 日本山口県宇部市
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口大学工学部卒業
東北大学大学院研究科博士課程修了
学問
研究機関 東北大学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国スタンフォード大学
イギリスの旗 イギリスロンドン大学
慶應義塾大学
東京大学
イギリスの旗 イギリスケンブリッジ大学[1]
学位 工学博士
主な業績 マーチング・メモリの発明
主な受賞歴 IEEE計算機科学大学教授世界トップ賞(2004年)
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

1944年、山口県宇部市の生まれ。1967年3月に山口大学工学部電気工学科を卒業[2]

1972年に東北大学大学院工学研究科(電子工学専攻)博士課程修了、工学博士となる。1988年に東北大学教授、1994年にスタンフォード大学客員正教授、2007年に東北大学名誉教授、ロンドン大学インペリアル校教授フェロー、2007年10月に慶應義塾大学教授を歴任している[3]。 また、東京大学理学部情報科学科、ケンブリッジ大学計算機数学科にて教鞭を執った。

業績編集

  • マーチング・メモリーの発明

栄典編集

  • IEEEFellow受賞(2003年)
  • IEEEテイラー・ブース計算機科学大学教授トップ賞(2004年)[4]

脚注編集