中村誠 (脚本家)

日本の脚本家

中村 誠(なかむら まこと、1970年4月16日 - )は、日本脚本家アニメーション監督。日本放送作家協会員。日本脚本家連盟員。日本映画監督協会員。ラジオアニメーションを中心に活動している。

経歴編集

以前はラジオ番組などの構成・脚本を手がけていたが、『Kanon』(ドラマCD、第1期・東映アニメーション版)の構成・脚本に携わって以降、アニメーション関連の脚本をよく行う等、マルチに活動するようになった[1]。2010年の人形アニメ映画『チェブラーシカ』において、初めて監督として制作に加わり(脚本も数人と共同で担当)、人形アニメーションの監督としても活動している。

エピソード編集

  • 劇場版AIR』の脚本の依頼をうけた際は二つ返事でOKを出し、既に所持していた原作ゲームを取り出して、台詞をメモしながらプレイを行い、準備稿を十稿近く重ねたという[2]
  • 前述の『劇場版AIR』は原作ファンから批判を受けたことをコメンタリーで明かしている。作品は「原作と同じでよいなら原作をやればいい」という観点から制作を行い、「原作と違う」と批判した人間に対しては遠まわしの苦言とも取れる言葉を呈したこともある[3]
  • ドラマCD版『CLANNAD』では「脚本潤色」でクレジットされている。
  • 出崎統によると、恰幅がいい体型とのことである[3]

作品編集

テレビアニメ編集

Webアニメ編集

劇場版アニメ編集

  • 劇場版AIR(脚本)
  • 劇場版CLANNAD(脚本)
  • チェブラーシカSHORT STORYS(TOHO CINEMAS限定人形アニメ) - (監督・脚本・ビデオボード)
  • チェブラーシカ(2010年版人形アニメ) - (監督・脚本) ※初監督作品。釜山国際映画祭招待作品・東京国際映画祭特別招待作品・平成22年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品
  • ちえりとチェリー (人形アニメ) - (原作・監督・脚本)
  • チェブラーシカ 動物園へ行く(2016年版人形アニメ) - (監督・脚本)
  • 幸福路のチー (日本語吹替版演出・ダイジェスト予告演出) ※宋欣穎(ソン・シンイン)監督作品(2017年台湾)

ドラマCD編集

ゲーム編集

その他編集

  • チェブラーシカ(2008年リバイバル上映版)- 字幕監修

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『劇場版CLANNAD』公式サイト・スタッフ解説
  2. ^ 『劇場版AIR』公式サイト・スタッフコメント
  3. ^ a b 『劇場版AIR』オーディオコメンタリー
  4. ^ テレパシー少女 蘭”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月10日閲覧。
  5. ^ のらみみ :作品情報”. アニメハック. 2020年6月28日閲覧。
  6. ^ 中村誠のTwitter 2013年7月22日 17:34の発言同17:35の発言
  7. ^ COPPELION :作品情報”. アニメハック. 2020年8月5日閲覧。
  8. ^ 絵本と同時に楽しめる!史上初となるチェブラーシカの完全新作ドラマCDを作りたい!”. Makuake. 2018年3月19日閲覧。

外部リンク編集