二代目中村 魁春(なかむら かいしゅん、1948年1月1日 - )は歌舞伎俳優女形屋号加賀屋定紋は梅八ツ藤。伝統歌舞伎保存会会員。日本俳優協会理事[1]。当代・四代目中村梅玉(屋号は高砂屋)は実兄。

にだいめ なかむら かいしゅん
二代目 中村魁春
屋号 加賀屋
定紋 梅八ツ藤 Ume Yatsu-fuji inverted 2.jpg
生年月日 (1948-01-01) 1948年1月1日(72歳)
本名 平野 豊栄
襲名歴 1. 二代目加賀屋橋之助
2. 五代目中村松江
3. 二代目中村魁春
出身地 神奈川県
六代目中村歌右衛門(養父)
兄弟 四代目中村梅玉(実兄)

来歴編集

1948年(昭和23年)、神奈川県に生まれる。兄(現在の四代目中村梅玉)とともに六世中村歌右衛門養子となり、1956年(昭和31年)、加賀屋橋之助の名で初舞台。1961年(昭和36年)ソ連公演に参加。1967年(昭和42年)、五代目中村松江を襲名(襲名披露公演:歌舞伎座『太十』の初菊、『吉野川』の雛鳥、『忠臣蔵』の小浪ほか)。2001年(平成13年)に父歌右衛門が亡くなった翌2002年(平成14年)、父の俳名であった中村魁春を二代目として襲名(襲名披露公演『将門』の滝夜叉姫、『本朝廿四孝』の八重垣姫)。2008年紫綬褒章受賞。

受賞編集

  • 1974年(昭和49年)重要無形文化財保持者(総合認定)
  • 1980年(昭和55年)、'84年(同59年)と'93年(平成5年)に国立劇場奨励賞受賞。
  • 1988(昭和63年)5月『吉野川』の雛鳥で松竹社長賞。
  • 1992年(平成4年)芸術院賞
  • 1993年(平成5年)第12回真山青果賞奨励賞
  • 1994年(平成6年)「寺子屋」で名古屋演劇ペンクラブ年間賞
  • 1998年(平成10年)国立劇場「佐倉義民伝」のおさんで優秀賞
  • 2008年(平成20年) 紫綬褒章[1][2]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集